結婚形態の変化

時代の流れにともない変わってきた結婚の形態

結婚する二人

 結婚は、男女の結びつきを、世の中に示し認めてもらう為の公な儀式です。

 日本において、かつては、男の方が女の家に入る、婿入り結婚が主流でした。

 しかし、武家社会の頃からは、家父長制度や男尊女卑が広まるに付け、女の地位は下がってきました。

 家督を継ぐや、嫁の労働力を当てにするなどして、嫁入り結婚が普及しだし、それが現代にまで受け継がれたようです。

 男につりあった女をもらい、子供を儲け次の家長になる、それを繰り返し、家督を継いでいく家制度があったからです。

 しかし、現在においては、男女の結婚比率、出生比率も低下し家、家長制度が今後どのようになっていくのか、懸念されるように思います。

 結婚式も今までは家といえの結びつきでしたが、最近では個々の男女の結びつきに変わってき手入るようにも思えます。

 

幸せな二人

 

TOPへ HOMEへ